NEWS

2022年7月22日(金)より大阪オフィスは新オフィスに移転いたします

2022/07/12

お知らせ

税理士法人松本、株式会社ファーストサポートは、2022年7月、事業成長に伴う従業員数増加と対面での面談ニーズの増加に伴い「大阪オフィス」を拡張移転をいたしますことをお知らせいたします。

■移転後の拠点情報
事業所名 :税理士法人松本、株式会社ファーストサポート
所在地 :〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3-6-8JRE御堂筋ダイワビル10F
最寄駅:御堂筋線/中央線/四つ橋線/本町駅12番出口から徒歩1分 堺筋線/堺筋本町駅11番出口から徒歩6分
Googleマップ:https://g.page/TAXMATSUMOTO?share
面談ルーム:5部屋

詳細を見る

税務署から突然「税務調査に伺いたい」と電話が…知っておきたい「上手な対処法」【YAHOO!ニュース(幻冬舎)2022年7月11日掲載】

2022/07/11

メディア情報

税務署から突然「税務調査に伺いたい」と電話が…知っておきたい「上手な対処法」という記事が幻冬舎GOLD ONLINEに転載され、yahooニュースで紹介されました。

【記事内容】
事務所や自宅に税務署から「税務調査に伺いたい」と電話がかかってきたら、どのように対応すればよいのでしょうか。税務調査を専門とする税理士法人松本が、税務調査の電話連絡が来た場合の対応方法について解説します。どんな内容を伝えられるのか、その際の適切な受け答えなど、基礎知識として参考……

幻冬舎GOLD ONLINE(2022年7月11日配信)
※こちらはYAHOO!ニュースにも配信されております。

税務調査サイトの元記事はこちらから

詳細を見る

消費税還付を受けたら要注意?「赤字でも税務調査の対象になる会社」の決定的特徴【YAHOO!ニュース(幻冬舎)2022年7月10日掲載】

2022/07/10

メディア情報

消費税還付を受けたら要注意?「赤字でも税務調査の対象になる会社」の決定的特徴という記事が幻冬舎GOLD ONLINEに転載され、yahooニュースで紹介されました。

【記事内容】
赤字で申告している会社に、税務調査が来ることはあるのでしょうか。消費税の還付を受けている場合や、損益通算している場合などは、むしろ税務調査に入られる可能性は上がるといいます。赤字会社への税務調査はどの程度あるのか、調査対象となりやすい法人の特徴とは何か。税務調査を専門とする税理士法人松本が解説……

幻冬舎GOLD ONLINE(2022年7月10日配信)
※こちらはYAHOO!ニュースにも配信されております。

税務調査サイトの元記事はこちらから

詳細を見る

税務調査で指摘されやすい!税務署が見る「源泉所得税」のポイント【YAHOO!ニュース(幻冬舎)2022年7月9日掲載】

2022/07/09

メディア情報

税務調査で指摘されやすい!税務署が見る「源泉所得税」のポイントという記事が幻冬舎GOLD ONLINEに転載され、yahooニュースで紹介されました。

【記事内容】
税務調査で指摘されやすい点はいくつかありますが、年末調整や源泉徴収漏れなど、「源泉所得税」に関する調査もその1つです。税務調査を専門とする税理士法人松本が、源泉所得税の概要に加え、税務調査で源泉所得税についてどのような点を見られるのかについてわかりやすく解説……

幻冬舎GOLD ONLINE(2022年7月9日配信)
※こちらはYAHOO!ニュースにも配信されております。

税務調査サイトの元記事はこちらから

詳細を見る

YouTubeの収入は税務署にモロバレ!?「ネット収入」の確定申告・税務調査の実態【YAHOO!ニュース(幻冬舎)2022年7月8日掲載】

2022/07/08

メディア情報

YouTubeの収入は税務署にモロバレ!?「ネット収入」の確定申告・税務調査の実態という記事が幻冬舎GOLD ONLINEに転載され、yahooニュースで紹介されました。

【記事内容】
国税庁は「ネット収入」をどこまで把握できるのか。YouTuberの収入について、税務署ではどのように扱われているのでしょうか。結論から言うと、YouTuberの収入情報は実は意外と掴みやすいと言えます。YouTubeでは、収益化できる条件などが公開されているため、税務署でなくてもある程度収入を予想することは可能です……

幻冬舎GOLD ONLINE(2022年7月8日配信)
※こちらはYAHOO!ニュースにも配信されております。

税務調査サイトの元記事はこちらから

詳細を見る

【採用】入社前に覚えておきたい!Windowsのショートカットキー

2022/04/19

採用

Windowsのショートカットキーはパソコン作業をするうえで知っておきたいテクニックです。
ショートカットキーを利用することで作業効率がグッと上がるため、覚えておいて損はないスキルです。
「もっと簡単に作業できる方法が知りたい」「少しでも作業効率化を図りたい」という人は、ぜひ参考にしてみてください。
 


 
Ctrl+C 選択した項目をコピー
コピーしたい箇所を選択し使用します。引用や繰り返し入力が必要な時に便利です。
 


 
Ctrl+V 選択した項目を貼付
コピーや切り取りしたものを、別の場所に張り付ける時に使用します。貼り付けたい場所にカードルを合わせて操作します。
 


 
Ctrl+S ファイルを保存
作業しているファイルを保存する時に使用します。初めて保存する場合は新規保存となり、その後は上書き保存となります。
 


 
F12 新しくファイル名前をつけるまたは変更して保存
名前をつけて保存したいときに使用します。一旦保存したファイルを、改めて別の名前を付けて保存することもできます。
 


 
Ctrl+P ファイルを印刷
作業しているファイルを印刷するときに使用します。ブラウザやOfficeアプリ上でキーを押すと、印刷画面が表示されます。
 


 
Ctrl+A 全選択
全ての項目を選択するときに使用します。テキストやフォルダ、ファイルなど、画面に収まりきらないものも含めてすべて選択できます。
 


 
Ctrl+Z 操作を元に戻す
操作を戻すときに使用します。入力や削除のみでなく、フォントや背景等さまざまな設定も戻すことが出来ます。
 


 
Ctrl+Y 操作をやりなおす
「Ctrl+Z」で取り消した操作を元に戻すときに使用します。
 


 
Ctrl+F 文字検索
作業画面内でキーワード検索をかけたいときに使用します。キーボード上部の【F3】でも代用することが出来ます。
 


 
Ctrl+H 文字の置換え
文字を置換したいときに使用します。文字を置換するためのウィンドウが表示されます。
 


 
Ctrl+X 選択した項目を切取り
切取りたい箇所を選択し使用します。切取ったものを別の場所へ移動させることが出来ます。
 


 
Ctrl+N 新規ファイルを開く(新規ウィンドウを開く)
新しいファイルやウィンドウを作成するときに使用します。
 


 
Ctrl+W ファイル、タブ、ウィンドウを閉じる
アクティブなファイル、タブ、ウィンドウを閉じたいときに使用します。その時選択されている1つが閉じられます。
 


 
Alt+F4 全体を閉じる
アプリケーションを終了したいときに使用します。デスクトップ画面操作時はWindowsが終了します。
 


 
Ctrl+Shift+N 新規フォルダを作成
デスクトップやフォルダ内で、新しいフォルダを作成したいときに使用します。
 


 
F2 ファイルやフォルダの名前を変更
デスクトップやフォルダ内にある、ファイルやフォルダの名前を変更したいときに使用します。
 


 
Alt+Tab ウィンドウの切替
使用しているウィンドウを切替るときに使用します。現在使用しているアプリケーションの一覧が表示され、Tabキーを使って選択し表示させることが出来ます。
 


 
PrintScreen 画面全体のスクリーンショットを撮影
表示されている画面全体のスクリーンショットを撮影したいときに使用します。イラストアプリやOfficeアプリ上に貼り付けることが出来ます。
 


 
Windows+Shift+S 指定した範囲のスクリーンショットを撮影する
スクリーンショットの範囲を指定したいときに使用します。範囲はドラッグにて指定することが出来ます。
 


 
Ctrl+Alt+Delete 強制終了
起動中のアプリやプログラムが操作不能になったり、フリーズしたりした時、強制終了させるときに使用します。
 


 
Ctrl+D 開いているプラウザをお気に入りに追加
ブラウザでお気に入りに追加したいとき使用します。
 


 
Alt+D アドレスバーを選択
ブラウザで検索をかけたいときに使用します。アドレスバーが選択され、すぐに入力することが出来ます。
 


 
F5またはCtrl+R 最新の情報に更新
ブラウザで最新の情報に更新したいときに使用します。
 


 
Windows+D ディスクトップ表示
作業中、デスクトップを表示させたいときに使用します。再度操作すると直前の画面に戻ります。
 


 
【おまけ】文字変換やカーソルの移動
F6 入力確定前の文字をひらがなに変換
F7 一括全角カタカナに変換
F8 一括半角カタカナに変換
F9 一括全角英数字に変換
F10 一括半角英数字に変換
Home 行の先頭にカーソルを移動
End 行の行末にカーソルを移動
 

詳細を見る

スポット社労士くんより当社で働くインターン生のインタビュー取材を受けました

2022/03/25

メディア情報

スポット社労士くんの税理士みつかるサイトにて、インターン生を活用している税理士事務所特集で当社が取材をうけました。
2015年からインターン生の受け入れを実施してきた当社。
インターン生から入社したスタッフは日々成長中です。

記事はこちら

詳細を見る

FIVE STAR MAGAZINE(2022年3月号)

2022/03/25

メディア情報

FIVE STAR MAGAZINE(2022年3月号)
士業事務所事務所規模RANKING2022に弊社が掲載され、会計事務所別ランキングで67位になりました。

税理士は全国に80,054名おり、税理士法人は4,587事務所あります。(※令和4年2月末現在)
もう少しでTOP50の仲間入りを果たせそうです。
記事を読む
出典:LIFE&MAGAZINE株式会社

詳細を見る

「申告漏れの多い業種」第1位はまさかの「プログラマー」!【YAHOO!ニュース(幻冬舎)2022年3月21日掲載】

2022/03/21

メディア情報

「申告漏れの多い業種」第1位はまさかの「プログラマー」!令和2年度「税務調査」の統計という記事が幻冬舎GOLD ONLINEに転載され、yahooニュースで紹介されました。

【記事内容】
税務調査で申告漏れが発覚した業種として、令和3年に国税庁が発表したデータでプログラマーが1位にランクインしたことをご存じでしょうか。前年のランク外からトップに躍り出た業種となったプログラマーは、どのような点が申告漏れとして指摘されることとなったのでしょう。ここでは税務調査を専門とする税理士法人松本が、国税庁が発表している令和2事務年度のデータより、申告漏れの原因やプログラマーがランクインした理由、申告漏れの指摘を受けやすい事由などについてわかりやすく解説します……

幻冬舎GOLD ONLINE(2022年3月21日配信)
※こちらはYAHOO!ニュースにも配信されております。

税務調査サイトの元記事はこちらから

詳細を見る

「建設業」は税務調査が入りやすい?「税務調査の多い業種」と原因・対策【YAHOO!ニュース(幻冬舎)2022年3月20日掲載】

2022/03/20

メディア情報

「建設業」は税務調査が入りやすい?「税務調査の多い業種」と原因・対策という記事が幻冬舎GOLD ONLINEに転載され、yahooニュースで紹介されました。

【記事内容】
建設業は、税務調査が多いとよく言われています。建設業の税務調査では、税務署の調査官はどのような点を重視しているのでしょうか。税務調査を専門とする税理士法人松本が、建設業の税務調査で指摘されるポイントについてわかりやすく解説します。建設業に税務調査が多い理由や、建設業の税務調査を怖がらないための対策について紹介していますので、建設業に関わる経営者や個人事業主の方はぜひお役立てください……

幻冬舎GOLD ONLINE(2022年3月20日配信)
※こちらはYAHOO!ニュースにも配信されております。

税務調査サイトの元記事はこちらから

詳細を見る
1 2 14

お問合せはこちら

お問い合わせは、電話もしくはフォームからお問い合わせください。
フォームからお問い合わせいただいた場合、原則として翌営業日までにEメールまたはお電話でご連絡いたします。